• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
4.比較すること
〜活用(算数B)問題3をもとに
問題3には、棒グラフ(量を比べる)と帯グラフ(割合を比べる)が扱われています。
ところで、「比較」という言葉は、「比べる・較(くら)べる」という2つの文字でできています。そして、「比べる」は割合を「較べる」は差をくらべることを表します。
低学年では、差で比べることが多いのですが、「半分」や「2倍」は子どもたちの日常の中でもよく使われています。この「半分」「2倍」は割合の素地になるものです。また、算数では比べる場面がよく出てくるので、差で比べる・割合で比べることのちがいを、その都度言ってあげることが大切です。


ページトップに戻る